田んぼや畑での「泥だらけ」で「美味しい」思い出

おばあちゃんの家

田んぼや畑の、泥だらけになりながらも楽しく美味しい思い出

田舎というと、田んぼや畑があるのは定番だ。その定番通り、田舎に住んでいるおばあちゃんの家の周りにも、田んぼや畑が沢山あった。そして、そこで沢山遊ぶことができた。

田んぼや畑での遊びは、泥でたくさん汚れてしまったが、それも一つの楽しさだった。それに、収穫物を食べられるということも、田んぼや畑で遊ぶ楽しさの醍醐味の一つだったと思う。

田んぼでザリガニ釣りを初めて体験した

田んぼにエビが居ると勘違いして目を輝かせた

おばあちゃんの家に来るまで、私はザリガニという生物を見た事がなかった。なので、ザリガニを初めて見た時は、「田んぼにエビがいる!」と勘違いをした。そして、田んぼでエビを捕まえられると思い、目を輝かせた。

その話をおばあちゃんにすると、それはザリガニといってエビではないということを教えてくれた。でも、ザリガニはちょっとした工夫で釣れることも、同時に話してくれた。そして、おばあちゃんはザリガニ釣りのセットを用意した。

セットとは言ってみても、細長い竹の先にタコ糸がついている竿と出汁を取ったあとの煮干しだった。こんなもので本当にザリガニがつれるのか、その時は半信半疑だった。

ザリガニ釣りは、コツを掴んで上手くなった

おばあちゃんが用意してくれた、ザリガニ釣りセットの竿は自分に取ってみると幼稚園児が作ったオモチャのようなものに見えた。しかし、コツを掴むと、この竿のことをバカにはできなくなっていた。

ザリガニ釣りは引き上げるタイミングが重要で、ザリガニが餌を挟んだと思った時に、勢いよく引き上げるのがポイントだ。そのコツをおばあちゃんに教わると、簡易な竿でも面白いようにザリガニが釣れた。

本物のエビに比べると泥臭いし、自分も泥だらけになってしまったが、それでもザリガニを釣り上げている時は「楽しい!」と純粋に感じられる一時だった。

畑で食べた野菜の味〜キュウリ、トマトをその場で齧る美味しさ〜

畑で育っていた夏野菜を収穫に行った

おばあちゃんは、家の近くにいくつかの畑も持っていた。そして収穫の季節になると多くの野菜が採れるようにしていた。畑の一つには、夏に収穫ができる野菜を育てており、その日は夏野菜を収穫しに行くことになった。

向かった畑では、キュウリやナス、トマト、ピーマンなどが栽培されており、どれもがふくよかに育っていた。おばあちゃんの指示に従いながら、ハサミを使ってそれらの夏野菜を収穫していった。

美味しそうに育っている野菜を収穫するのは、とてもワクワクした。ナスやピーマンは、当時の私はそれほど好きではなかったが、自分の手で収穫しているからだろうか、とても美味しそうに見えてしまった。

美味しい野菜を採れたてで食べる喜び

野菜の収穫がある程度ひと段落した時に、おばあちゃんから「キュウリとトマト食べるかい?」と聞かれた。私は当然「食べる!」と大きな声で返事をした。

キュウリやトマトを食べる用にと、おばあちゃんは塩を用意してくれていた。水でさっと洗ったキュウリとトマトに、塩を振りかけて食べると、今まで味わったことがない美味しさがそこにあった。

おばあちゃんが作る野菜が美味しいことはもちろんだけれど、それを採れたての状態で、シンプルに塩で味付けをして食べることでより一層その美味しさを感じることができたのだと思う。

水車を眺めたり、水の流れを使って遊んだりした

水車を眺めてぼーっとすることも好きだった

田んぼからしばらく歩いた所に、水車小屋があった。なぜそこに水車小屋があったのか、その理由についてはよく知らない。おばあちゃんの所有物ではなかったので、おそらく近所の人が粉を挽くのに使っていたのだと思う。

その水車は、ゆったりと用水路の水の流れで回転をしており、その動きをずっと眺めてぼーっとすることも私の楽しみの一つになっていた。

電池が無いのに、カラカラと動く水車は、子供心にはとても画期的なシステムに見えた。そしてその単調な動きを見ることで、田んぼや畑で激しく泥だらけで遊んでいたことのバランスを取っていたのかもしれない。

水車を使ったいろいろな遊び

水車は、ただ単に眺めて楽しんでいるだけではなかった。そこに色々な遊びを持ち込むのも、子供の凄いところだろう。自分も水車を使って、自分なりの遊びを考えてそれを実行していた。

例えば、笹舟を作って用水路の水の流れに乗せ、水車にその船を飲み込ませる遊び、水車の回転が早くなるようにバケツで水を汲んで用水路に水を流す遊び、などである。この他にも、子供だからするような、水車を使った遊びをしていた。

大人からしてみると、つまらない遊びかもしれない。しかし、この時の私は、水車一つが面白いものとして目に映り、それを使ったこのようなひとり遊びもとても楽しかった。

その他の思い出記事はこちら → 甚平や服を縫って作ってくれた